将来

これから先いくつも幸せだと感じるイベントが待ち受けていると思います。

大学合格、卒業、就職、昇進、その中で彼氏ができたり結婚したり子供ができたりあるいは彼女ができたりすることもあるかもしれません。

 

でもその幸せなことの間に辛いことや悩ましいこと苦しいこと死にたいことも山のようにあると思うと死にたくなってきます。

幸せなことも半年も過ぎれば慣れて忘れかけてしまうということも考えるとさらに死にたい。

なんで慣れるんでしょうか、人間は愚かだと思います。

 

そして、いつどこでだれとくらしどれだけ豊かな生活をしていたとしても人生悩みは尽きないということを知って絶望しました。

自分の持つ良いことには目が行かず、無い物ねだりをして自分を苦しめてしまったり、行き詰まって悩むことはいくつになってもあるんですね。死にたい。

 

幸せは結局のところそういったイベントがあるからではなく、自分が感じるもので、それは多くは人との繋がりの中で感じるものだと書いてありました。

無愛想なのにそんな人との繋がりを維持するのは無理

きつい。

 

世の中には曖昧な常識や暗黙のルールのようなものがあると私は感じています。

それが特にきつい。例えば友達が多い人の方がすごい、結婚してる人の方がすごい、美しい人の方がすごい…など

すごいだけで終われば良いのですが、この価値観のせいで人と比べて劣等感を抱いてしまうのが厄介なのです。

すごく見えるのは表面上だけで彼らは不幸せだと感じている可能性も大いにありますが、どうしてもその上っ面が欲しくてたまらないのです。それを得た先にある羨望の眼差しや尊敬、周囲との良い意味での差が自分を今、最高に生きていると思わせるのです。カーストの頂点に立つと形容すればいいのでしょうか、私は常にそれを望んでいます。

誰が見ても完璧で憧れの的、そうなれたらきっと私はいつでも幸せだと思います。たぶんガッキーか堀北真希ぐらいじゃないと到底なれるはずもないです。

そしてそんなに完璧な人なんているわけじゃないと頭ではわかっていても納得しきれない自分がいます。完璧だろうとなんだろうと必ず自分を批判したり嫌ったりする人がいることもわかっています。

 

ですがやはり多くの人から好かれている方が幸せだと思うのです。人から好かれら要素が多い方がきっと楽しくコミュニケーションをとれる、尊敬できる点が多いから大切に扱われるのではないかと思っています。きっと今失っている自信もつくでしょう。

 

もしかしたら、私は整形願望やら、自分を高める努力をしたいとは思っているわけではなくて、ありのままの自分を尊敬してもらい、多くの人から愛され大切にされたいと思っているのでしょう。

 

 

結局のところ原因は外面に見合わないわがままなお姫様のような幼稚な性格のせいですね。

いつまでも中心でナンバーワンで輝いていたい。みんなから構ってもらって褒め称えてもらえてればきっと勉強ができなくても容姿が悪くてどんくさくてもきっと自信を持って毎日楽しく生きていくことができたと思います。

 

本当にどこまでも生きづらい。

人からの評価がないと生きている実感がしない。怒られたりするのなんて言語道断です。これから先生きていける自信がない。

せめて鈍感だったらよかったのに人の表情や声のトーン、場の空気などを本当に敏感に見て取れてしまうので自分に向けられる軽蔑やら見下し、嫌悪、同情と常に格闘しなければならない自分が本当に嫌。

 

自分は自分のままでいい、誰に好かれても嫌われても理解してもらえる人が一人でもいればいいと開き直れればよかった。人と比べさえしなければいい

でもこればっかりは歳を重ねないことには納得できないのではないでしょうか…

やはり心のどこかで人に賞賛され尊敬されることが生きがいの私めにはあの世間の基準をクリアしなければいけないといつまでたってもとらわれています。しかしその基準をクリアできるほどの精神力を持ち合わせていないため絶対にクリアできません。

 

 なんと悲しいことか、

こうして考えてみると幸せとはきっと相反するところに自分はいるのでしょうね

このままだと引きこもりまっしぐらです

 

5月病?

もうすでに学校に行きたくなさすぎる

 

半分鬱っぽい 喉のつかえと食欲不振 過眠が進む 

対人恐怖症気味になってきている

 

ちょっとしたことですぐ傷ついて何も手につかなくて頭が真っ白になる  集中できなくて頭ぼんやりして現実を見ようとすると震える

 

調子が良い時と悪い時の波が激しすぎて単なる逃避癖なのか鬱病なのかわからない

 

でも休みの日はすこぶる元気で社会への不適合さを感じる

 

高すぎるプライドや人によく思われたい気持ちが強すぎてこんがらがってる

新年度

少し環境が変わったおかげで最近調子が良い

愛犬が愛しくて涙をながせるくらいには心に余裕ができた気がする

今まで悩んでいたことがあったが突然すっきり解決した。私の中では青天の霹靂の出来事だ

でも何について悩んでいたのかあまり覚えていない。

 

風邪

くしゃみ、咳、喉の痛み、頭痛、倦怠感はあるが熱はない

 

しんどい このタイミングで体調崩したくなかったなぁ

記録

鬱屈とした気持ちや体調、生活習慣の改善のためにしたことまとめ。

 

思ったこと、感じたこと、考えたことをバァーっと書き留める、スマフォにメモする癖をつけたら幾分頭が軽くなった。

 

あと何かに固執することをやめて普段よりゆっくり歩く、慣れてる動作でも意識してゆっくり丁寧にやることにしたら焦る気持ちがだいぶ和らいだ。

 

一番効果があったのはスマフォを視界に入らないところに置いちゃうこと

暇つぶしに片手にスマフォを待ってる時間が予想以上に多かったらしく、時間を持て余すことが増えた。余裕を持てるようになった。

スマフォで遊びたい!!!ネトサしたい!!というような中毒症状は全くでなかった。

 

やらなきゃいけないけどめんどくさいなと感じるものを5分でもいいのでやる癖をつけたら意外にもトントン拍子で進んで20分くらいで作業を終わるようになった。

 

 

劣等感

常に学校では自分は勉強ができない人間だということを強く実感させられるので不快。

かといって他に何か長所があるわけでもなく本当に死にたくなる。

常に能力至上主義を感じるし辛くなるたまらない。すごく面白いとか、容姿が優れてるとか、癒しだとかあればまだよかったもしれないが全くそうではないのでいやになる。

気づかなかっただけで、目立ちたがりで注目を浴び、羨望の眼差しを向けられる瞬間が大好きなナルシストだったのかもしれない。

 

今までいろいろ頑張ったことはあったけれど、評価はほとんどされなかった。辛い思いをたくさんしたのに誰も褒めてくれなくていやだった。褒めて貰えた時に喜びと生きている意味を感じる。

 

期待を裏切った時に死にたくなる。

 

相対的に自分はできるという心の余裕が欲しい

すごく辛い。

死にたい。

 

 

誰かに見て欲しい

学校で居場所があると感じない。

落ちこぼれてるだけでみんなから見下されてるように感じるし、私の内面を見て仲良くしてくれるようなひともほとんどいない。つらい。

表面の薄っぺらい部分で判断されるのはとてもつらい。

 

学校がつまらない。高校生でしかできないようなことを楽しみたいのにできない後悔ばかりがつのる。

 

勉強ばかりで勉強以外に何もない。部活には熱心に打ち込んだけど運動部に比べたら大したことはない。

 

青春を感じたい。穏やかな風邪が吹き込む、陽の光眩しい柔らかな教室で談笑がしたい。

 

少なくとも小学校の時はあったのにな。

 

薄暗い人工灯の元で生活するのが本当に味気なくてつまんない。教室は寒いし薄暗くて太陽の光はブラインドで遮られて監獄みたいだ。

つらい。人間らしく文化的で季節感のある生活をしたい。

 

なんで学校は、塾なんかじゃない。勉強以外も学ぶところなのにここは、勉強しかやってなくて性根腐ったようなやつばっかりで本当に嫌になる。早く卒業したい。閉鎖的でつまんなくてプライドばっかりが高いクソな集団に囲まれる生活から早く脱出したい。

死にはしないけど今はただただ死にたくて辛い思いでいっぱいだ。

 

学校選びさえ間違えなかったらこんなに辛い思いはしなかったのに。心療内科にだって通わなかったし、楽しく煩悩にあふれた生活をしていたかもしれないのに。

 

くれぐれも学校選びは慎重に。

どこからが差別でどこまでがアドバイス?

生活してると「〜〜しなければならない」「〜〜すべきだ」のようないわゆるマスト表現をされることがあって甚だ不快。

 

例えば「無添加(?)の手作り石鹸は体に優しいので普通の石鹸よりこちらを使うべきだ」といったようなものだ。

 

私がもともと手作り至上主義で、普通の石鹸だと肌が弱くて荒れちゃうんだよね、という話をしていたら話は別だ。表現がきついのは少々気に食わないが、これはアドバイスの範囲内だと思う。(まぁ個人的には自分で答えを探したいのでアドバイスもあんまり好かない。)

 

しかし手作り至上主義でもなく肌が弱いわけでもないのにあのような発言をするのは単なる個人の考えの押し付けである。根本から考え方が違うのに極端に偏った考えを相手に強要するのは不快すぎるのでやめてほしい。

 しかもこういう人に限って、「いやそんなことないよ、手作り石鹸だと洗浄力が弱いからかえって汚れが落ちにくくなって不潔だよ!」とか適当な反論や私の見解を述べても

「いいや絶対そんなことはない!」の一点張りでさらに手作り石鹸がいかに素晴らしいかのダイレクトマーケティングをかけてくるので仲良い友人だとしても、うざさすらある。

こういう人種とは関わらないが吉だと常々思う。勝手に思い込んでいてくれ 周囲を巻きこむな。

 

 

 

他にもこんなことがある。

「あの子って勉強ばっかりしててキモいよね」

などだ。

この手の発言をする輩は本当にうざいし迷惑極まりないから消えてくれと思う。

さっきの石鹸の例で例えると、「普通の石鹸使ったら奴って頭おかしいよね?なんであんなに体に悪いもの使うんだろう。」と発言することと同じだ。

 

勉強を一生懸命にするしないは個人の自由だが、自分と反対サイドにいる人間をいちいち貶すのははっきりいって差別だと思う。

個人的にはこの傾向は和を尊ぶ(同調圧力を周りにかけ、同調しないやつを除け者にする最悪のクソ文化)日本人だからこそ表れるのではないかと思っている。

 

日本には多様性を受け入れる度量がほぼなく出る杭打たれるくそコミュニティなので嫌になるよね。特に学校や会社などの閉鎖的な空間では顕著。クソすぎ。

 

 

生きている限り必ず他人の目の前に自分晒さなきゃいけないので気にし始めたらきりがないんだよな。自分に対する他人のあいまいな評価こなんて微塵も興味がない自己中心的な人間になりたい。

 

 

はーまぁ知らんけど。