すごく死にたいです

 

こんばんは。涙が溢れて眠れません。

 

やはりわたしは非定型の鬱だと思います。学校に行くことを考えるのと途端に涙がでてきて息苦しくて辛くなります。この前学校に行こうとした時もそうでした。ここ1ヶ月ほどあまりにもティッシュの消耗が早いのでトイレットペーパーをティッシュがわりに使ってたのですがもう1個使い切ってしまいました。

 

学校に行って、容姿のコンプレックスがまた強まって、なんで自分はここにいるんだろう、いる必要ないんじゃないか?という虚無感に駆られて、電車に長い間揺られて、家帰ったらストレス発散のためにアニメ見て、ネトサして、お絵描きするのを繰り返しているため睡眠時間は少なく、心身ともに消耗している。わたしは生き急ぎたいわけではないのに。

 

困ったことに、わたしは悪意を持った人たちにいじめられてるわけではない。むしろ、彼らはわたしに好意的で懇意にしているからこそ辛いのだ。

わたしの考えすぎとか深読みと言われたら否定しきれないけれど、物心ついた時からの癖なのでやめようにもやめられない。人の表情、仕草、声のトーンで手に取るようにわかってしまうので、今の表情からして…もしかしてこれこれこういう理由で嫌われてるのかもしれない…と思索を巡らせてしまいます。これらがストレス主要の一部だと思います。

些細なことでもイライラするのでこれもストレスです。例えば廊下で知り合いに会ったら声をかけるか否かで悩むこと、これも立派なストレスの原因だと思います。

 

他にも突然過去に言われた不快な言動を思い出して辛くなったりします。でも言われた当時は彼氏がいたのでメンタルが保ってたのだと思います。

 

こんなことがあっても学校にいるときの自分は愛想があって優しくて明るくて元気でちょっとアホで笑いのネタにされがちな楽しいピエロ(友達限定)なので本当に頭がおかしいともおもいます。

本当の自分とかけ離れてるんですよね、本当はめちゃくちゃわがままで無愛想で利己的、めんどくさがり、出不精、自分から人に話しかけるのは嫌、人に見られるのもなんかやだ、極力関わりたくない。だけど全く人に注目されないのは自分が空気みたいで嫌なので適度に目立って尊敬されたりしたいし、人と関わりがないのは嫌だしできるならみんなと仲良くしたいし!っていう奴なんですよ。 

こういうギャップがさらに自分を苦しめてたのかもしれませんし、今までのがいろいろ積もりに積もって限界がきたのかもしれません。 

 

 

やっぱりわたしは早くメンタルの支えとなり、必要としてくれて、一生仕える覚悟のある旦那候補を見つけて結婚するべきだと思う。メンタルの安定の仕方がまるで違うもん。

 

でも、誰かのために生きることをやめたいよね。たぶん中1くらいの時から相手に合わせまくりで自分がない生き方をしてたと思う。相手に合わせまくる(=優しいと思われる)からなめられて雑な扱いをされる原因だしやだよね。

 

まず自分が生きたいように生き、それをクリアした上で人の役に立つことをするとか、そういう模範的で健康で楽な生き方をしたい。