劣等感

常に学校では自分は勉強ができない人間だということを強く実感させられるので不快。

かといって他に何か長所があるわけでもなく本当に死にたくなる。

常に能力至上主義を感じるし辛くなるたまらない。すごく面白いとか、容姿が優れてるとか、癒しだとかあればまだよかったもしれないが全くそうではないのでいやになる。

気づかなかっただけで、目立ちたがりで注目を浴び、羨望の眼差しを向けられる瞬間が大好きなナルシストだったのかもしれない。

 

今までいろいろ頑張ったことはあったけれど、評価はほとんどされなかった。辛い思いをたくさんしたのに誰も褒めてくれなくていやだった。褒めて貰えた時に喜びと生きている意味を感じる。

 

期待を裏切った時に死にたくなる。

 

相対的に自分はできるという心の余裕が欲しい

すごく辛い。

死にたい。