自分を自分のために自分で認めるということ。

昔から理想が無駄に高かった。

 

ここ半年間ちょっと、トイレットペーパーやティッシュ5個分の鼻水と涙を流し、私はもう死んでしまうのではないかと感じるくらい苦しめられた。

 

友人、環境、親、兄弟のどれでもない。

紛れもない自分自身にだ。

もしかしたら20%くらいは他のものが原因かもしれないけれど根本的な原因はやはり自分自身。

今もだけど

 

良い所や悪い所を含めたありのままの自分を受け入れられなかった。

悪い所を見ては凹み、人と比べて劣っていては傷つき、自尊心はそれはもう右肩下がりだった。

自分に価値を感じられないが、価値を感じるために露骨に他人の承認や注目を集められるほどハートも強くなかった。

人目を気にしすぎて、人目が怖くなった。

自分を信じることができないため他人も信じられなくなり、存在しない発言の裏を読んで勝手に疑心暗鬼になった。

人を蔑み、会話を低レベルな馴れ合いだと嘲笑う、本当に最低な人間になってしまったように思う。そして、人との関わりを避けるわりに、孤独に耐えきれるほど強くはなかった。結果、感じる必要のないストレスを多大に感受し精神を病んだ。

他人のことを考えられないので人が離れていったりもした。

 

本当に悪循環でますます苦しくなっていった。

すこぶる健康体なのに体調にも悪影響があらわれた。

 

辛かった。

 

自分を認められないことがここまで自分を苦しめ追い詰めることになるなんて思わなかった。

自分の代わりに他者の価値観、世間体などに認めてもらおうと必死になったが、本当に無意味だ。

自分を100%受け入れ、批判しない人が全てではない。どこかしらで難癖をつける人はいるし、認めようとしない人もいる、他者の価値観という物差しには矛盾を孕むことも多いので全てを受けられようとするのは不可能に近い。年齢が上がるにつれてわかりやすく認めてくれる人は減る。

そんな時に自分を自分で認められないと本当に苦しい思いをすることになる。

 

自分を認めることで自分が救われるのだ。

 

 

 

自分を許し受け入れ認めたいという思いと、夢に描いていた理想の自分にはなれないという絶望感と、もう心底うんざりしていて死にたい気持ちでいっぱいです。

 

こんな時に、夢の中でさえ死んではいけないと我が子に諭すように私に語りかけてくれる先生は本当に優しい人だと思う。

 

 

 

ついでに理想の自分像を書き記しておく

☆俺がかんがえたさいきょうの自分!☆

・抜群のスタイルと容姿、美しいソプラノボイス、おしゃれで見る人を魅了し完全にモテモテ大魔王 男女問わず人気。ちなみに芸能界入りはしない

・頭脳明晰で論理的かつスマートな話し方、話が面白い

・もちろん運動神経は神、みんなの注目の的

・性格も良く謙虚で母性に溢れる優しさ

・筋金入りの金持ちお嬢様

・多趣味でどれもレベルが高い

・仕事はしない

・素敵で優しい男性と結婚して専業主婦

・絵に描いたような幸せな人、みんなを笑顔にさせる天使のような人

・天才、神に選ばれし人間

 

そんな自分になりたかった………………生まれ直さないとこれのスタート地点にさえつかない人生…………

幼児的万能感が未だに抜けきれずそれでも自分は特別なんだと思いたい。つらい…